医学部に合格するには有名な大学に合格する必要がある

家族

大学合格を見据えて

ウーマン

近年注目の新たな入試方法

将来、大学に行きたい又はお子さんを大学に行かせたいという人は多くいらっしゃると思います。大学入試と言えばセンター試験等の筆記試験が合否を分けることが一般的です。それ以外では学校長による推薦といったシステムもあります。そんな中、近年ではアメリカの大学を中心として取り入れられるようになったao入試(アドミッション・オフィス入試)というものを採用する大学が日本でも増えてきています。これは学力といった部分だけにとらわれず、学業以外の成績等も考慮し書類選考と面接試験によって合否を決定するものです。どうしてもこの大学で学びたいという熱意が伝われば、従来の学力選考では諦めなければいけなかった人でも合格することができるといったメリットがあります。大学側にとっても自身の校風に合った学生を確保することが出来るので、メリットが生まれます。ao入試はその大学の募集条件を満たせば誰でも応募が可能です。学校長の推薦が必要ないので、自己推薦といった意味合いが強い入試方法です。判定には、高校時代のスポーツ活動やボランティア活動、資格取得といった部分が判定に関わってくる傾向があります。そのため、ao入試を目指す場合にはこれらを意識しておくと良いと思います。ただし、近年ではao入試による学力不足も問題化しています。せっかく入学できたが授業についていけないといった事も起きているので、学力といった部分もある程度注意していかなければいけません。